カテゴリー別アーカイブ: 症例紹介

ぶっきらぼうなセッションでやっていること【チャンクダウン/チャンクアップ】

6a8a4517046814e2880d2db41e0fe467_s 自分では気づかなかったですが、わたしはセッションのとき、相当ぶっきらぼうらしいです。 少し前にも同じようなことを言われ、ちょっとハートブレイクしてます。 先日セッションでのやりとり。 「あ、飛行機、乗れるようになりました」 「ふーん、よかったですね」 「まだちょっと、グッとやな感じありますけど、一瞬」 「ふーん、そなんですか」 「パニック、前と比べたらほんと出なくなりました」 「ふーん、よかったで […]

これまでの医療は「敗北の100年」。腸内フローラ移植を臨床医とともに次世代に伝える医療として確立したい、という思いを実現化している女性

田中三紀子さん主催のセミナー写真をお借りしました。 先日、2年ぶりくらいに施術を受けにきてくださった方がいます。 一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の評議員、田中三紀子さん。 再会のきっかけはfacbookで、ご縁をつないでくださった共通の友人が、田中さんの活動をシェアしていたのを見つけたこと。 どんな活動かとういうと、「自宅でできるカンタン腸内フローラ検査」のクラウドファンデイングです。 わたしもすぐ参加させていただき、検査のリターンを購入し […]

先着一名様セッションプレゼントのご報告:受け取り上手な人っているんですね

先日、メールでのみお知らせした「先着一名様セッションプレゼント」。 ふだんわたしは体験会や説明会をまったくしていないのですが、口コミのご紹介やホームページから、お客さまがきてくださいます。 その御礼として、常連クライアントさんのお友だちやご家族にセッションを体験していただこうとお知らせしました。 やー、当たる人って、いるんですね。(ひとごと) ご予約の日には、Yさんという素敵な女性が訪ねてきてくだ […]

頸椎椎間板ヘルニアの症例:血から水を解放しようとする魂

20fc6177952e73ad8fdcb4c8197eb39f_s 頸椎椎間板ヘルニアを扱ったボディートークセッションの症例紹介です。 体育大学でボクシングをされていた男性で、ご本人いわく「何百回もむち打ちにあったようなもの」とのこと。 首の状態は、いろんな方角からの複雑な頸部挫傷と、靭帯の代償があり、正中線とのコミュニケーションや顎関節、蝶形骨に影響を与えているようでした。 頸椎を通る神経組織には、脳と上肢とをつなぐ信号があり、骨と骨とのクッションとなる椎間板が […]

老いたカラダの神聖、病んだカラダの神聖

ご家族の承諾を得て、チャーミングなクライアントさんのことを書かせてください。 今日は、カラダの神聖さに大きな感銘を受けたセッションでした。 腎臓の透析。腕にシャント(人工血液回路)、脚にシャント。 大腿骨骨折。放置され、以来歩行自立困難。 ペースメーカー。 せん妄による統合失調症の診断。 大腸がん手術。 日々のお薬、たくさん。 これだけ病名がついていると、もちろん病院ではすべて科が違うので、ご本人 […]

セッションのご感想:発達障害(自閉症)と「療育は一生」というフレーズの重み

bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s 赤ちゃんから子どものセッション、お子さんの悩みをもつ親御さんのセッションを通して、教育が今後どう変わっていくのかに、興味を抱いています。 元看護師さんで、自閉症と診断されたお子さんをもつお母さまが、ボディートークセッションのご感想を書いてくださいました。 感想というより、問題提起と呼んだほうがいいかもしれません。 発達障害は、 ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠如多 […]

「できること、できないこと」 ALS(筋萎縮性側索硬化症)をめぐるストーリー

スティーヴン・ホーキング博士が、亡くなられました。 彼は「天国も死後の世界もない」と過去のインタビューに答えていたので、今はどうしているのかなー。 たしかに「個我」の人生は一回きりです。そして脳は「個我」の肉体に属します。 でもわたしは、脳にはもともと「個我」が「真我(アートマン)」に目覚める機能がそなわっている、という説が好きです。 * * * わたしがボディートーク施術士になった翌日のことを書 […]

震災と遠隔セッション「卵巣腫瘍が消えました」

熊本・大分地震が発生したのは、2016年の4月14日でした。 その後、大きな余震が幾度となく発生し、熊本・大分だけでなく、九州全域が不安に包まれているようだったのを、よく覚えています。 わたしは、東日本大震災で何もできなかったことを歯がゆく思い、熊本・大分地震では、少なくとも地震というストレッサーは軽減できると、ボランティアでの遠隔セッションを受け付けていました。 そのときお申込みくださった佐賀の […]

セルフセッションと、遠隔セッションの感想をフィードバックします

細胞の新しい意識をダウンロードしたら、新鮮なイワシが降臨しましたよ、奥さま。 最近ブログいっぱい書いていて、いつのことやらわからなくなっていたけど、食の人付き合いとオーガニックに関する細胞の病的な意識を書き換えて、自分の細胞に新しい意識をダウンロードしたのが2月27日。 そのあと紆余曲折的な混乱が少しあり、今日3/11は、新鮮なイワシをコンフィで食そうと画策するにいたった。 いただきものの珍しい純 […]

震災の日と野狐禅(やこぜん)

7年前は、たしか心不全からの療養中で、戯曲を書いたりヘーゲルを読んだりしていた記憶があります。 体がガイコツのように干からびて痩せ細りました。 痩せ細ったというより、干からびた。 服を着ちゃうとわかんないけど、スルメかエイヒレの干物みたいになる。 療養中はそうとう体調管理や食事に気を付けていたはずなのに、甲状腺をとった影響もあったのか、逆に今度はどんどん体重が増えて、その諸々の解決に、友人からボデ […]
1 / 3123