究極の引き算で、空になるカラダ - Holistic-web

バチコーン!となる正解の感覚

まとまった記事にしてないのですが、わたしはいろんなワークを実験していて、長期で取り組んでいること、毎日変化をモニタリングしていること、週ごとに意図したことが現実にどんなプロセスになって返ってくるか、などを観察しています。 イメージワーク、チャクラ瞑想、フィジカルワーク、整理してカレンダー作ったら、一年間楽しいだろうなと思うくらい。 それがどハマりする、ほんとうに必要なことがその場で起こる感覚という […]

超感覚世界を感じるのに、努力やトレーニングは必要か

通常、わたしたちは明るい感覚世界に生きています。明るい昼間に、空の星は見えず、ホタルの光も見えません。 そこに星があるのか、ホタルがいるのかというと、見えようが見えまいが、星は巡り、ホタルも一年を通じて命を営みながら光を放っています。 人間同士のおしゃべりの間にも、魂はつねに何かを語りかけてきています。脳内思考の割れ目から、直感やインスピレーションが届く時もあります。 微細な光や、内側でささやく声 […]

復活のコツと『アルケミスト』

ひとりで朝練中、「復活のコツ」という言葉が浮かんだので、トピックにしてみます。 自分の体について「硬い」「柔らかい」という時、みなさんは何と比較していますか? バレリーナ?ナメクジ?電柱? ワーク中の他人?本来の自分のあるべき姿?昨日の自分? 例えば、泌尿生殖器にトラブルがあれば、腰部の柔軟性に制限がかかることがあります。 心臓に負担がかかりすぎると、胸椎、鎖骨、肋骨に影響が出ます。 体にとって制 […]

カラダの内界と外界をめぐる血液の旅 実践編

体の形と働きから入る空間的な解剖生理学、エネルギーの流れをみる時間的な東洋医学、真の自己を探求し、内的感覚から人体と宇宙との照応とする人智学を横断する試み、「カラダの内界と外界をめぐる血液の旅」を2020年5月から半年にわたりオンライン講座にてお届けしてきました。2020年 10月19日より、毎週月曜の夜、1年間かけての実践編を開催します。 実践編の内容 まず、カラダの内界と外界とは何なのかを、ぼ […]

個人セッション(施術の詳細)

自己治癒と自己成長のプロセス いくつか症状の例をあげてみましょう。糖尿病の原因は何でしょうか?血糖値を調節するインスリンが足らないから。またはインスリンが効かないから。貧血の原因は?鉄不足だから。子宮疾患があるから。関節炎の原因は?怪我や加齢で筋肉が衰えたり骨がすり減ったりするから。胃腸炎の原因は?食べ過ぎ?ウイルス?ストレス?アレルギー? 現代医療で「原因」と言われているものは、本当に原因でしょ […]

施術ルームへの道案内

葦江祝里 holistic-web の家 東京都三鷹市井の頭 1−13−2(京王井の頭線 三鷹台駅南口徒歩5分、久我山駅南口徒歩10分) 三鷹台駅南口のSubLime三鷹台店を左折、線路を左手してしばらく直進。左手に飯野青果店(赤いポストのある小さいお店)を目印に、路地を右へ入り、二軒目のベージュ色の家。ポストに葦江祝里 holistic-web の表札。遅れる場合や迷われた時は、LINEかお電話 […]

葦江 祝里(Nori Ashie)プロフィール

施術家、ワークショップ講師、オイリュトミー、創作。2015年より合同会社ホリスティック・ウェブ代表。米国IBA認定ボディートーク上級施術士。心身の解放と自己治癒を促すセッション、言葉や感覚に結びついた生理学などのワークショップ、古い知識をアップデートする学び場を提供している。神話、言霊学、芸能、アニメーション、泳ぐこと、読書。 身体と言葉に寄せて わたしはもともと、言葉というものに興味を持っていた […]

総合案内

はじめに:ヒトの意識が持つ力 わたしたちヒトの意識には、本来とても大きな力があります。世界や人と関わって楽しいと感じたり、美味しい物を食べたり、別れがつらかったり、人や自分に怒りを感じたり、誰にも言えない悩みがあったり、仕事の段取りや将来のことを考えたり。そうした日々のさまざまな心の営みがありますが、それだけが意識なのではありません。 意識を広げるには、楽しい、美味しい、つらい、腹が立つと感じてい […]

1 23