カテゴリー別アーカイブ: ボディートーク

『がんが自然に治る生き方』ケリー・ターナーを読む

小雨の3月1日、街路樹の下を歩いてみると、春の雨のやわらかさを感じます。 散歩がてら、久しぶりに近所のコメダ珈琲へ。 買ってすぐは速読で終わらせていた『がんが自然に治る生き方』ケリー・ターナーを、ゆっくり読みました。 アメリカ、日本でも「がん部門」ベストセラー1位です。 p103「身体は何が必要かを知っている」の箇所、 p208、抑圧された感情を手放すため「治療者かセラピストに会う」の箇所、 p2 […]

インディヴィジュエーションを構成する統合/多様性

陰陽のバランス、心身における男性エネルギー/女性エネルギーの状態を、そのまま生物学的・社会的な男性/女性の区別や合一にあてはめているロジックをよく見かけます。 わたしはそれはまちがいだと思っています。 ホログラムの投影としても、あまりに粗雑です。 統合(Integration)の対概念は多様性(Diversity)であり、拡散と収縮の動きと同じく、どちらかが働けば必ずどちらかも働く、「対の力の流れ […]
13 / 13« 先頭...910111213