ナイトセッション&追記で今後のこと


今日は、営業時間延長で、これからいらっしゃるお客様を待っています。

この時間になると、昼間働いている臓器とは違う、ホルモン系や解毒や新陳代謝の夜組が働きはじめるので、ぜんぜん感覚が変わります。

明日はバレンタインデーですね。

わたしは明日、三鷹市の検診を受けてきます。
そのあとはお仕事。


差し入れでチョコをいただいたので、セッションまでもぐもぐ。



ナイトセッションでもチョコいただたので、明日ももぐもぐだぜ。


* * *

ちょこちょこと追記を書き足している帰りの電車のなか。チョコって何回いった?


またそろそろ、人との広がりをつくっていく時期がきた。

これは、わたしの自分のエゴの対人関係の億劫さや苦手意識や物理的時間とは関係なしに、ある種のマグマというか、エネルギーとして湧いてくるので、時期がきたとしかいいようがない。

ありがたいことに、周りに優秀で魅力的な人がいっぱいいて、わたしには、ある種のギフトというか、マトリックスへの情熱のようなものがある。

マトリックスをなんと説明すればいいのか。
関係基盤のエネルギーなんだけど、結ぶ力、ほどく力といってもいい。

ただ、いろいろととりつくろっている余裕がないのだ、
ひとさまの細かいところをフォローしたり、アポイントをとったり、事務的なことを整理したり。


やりたいことも、人のご縁も、アイディアも、マトリックスを見る力も情熱もある。
それだけを動かして事が成るようにするには、やはりひとりでは難しい。
リーダーシップとコーディネートは、まったく違うエネルギーだから。


投げかけておけば、何か見つかるかな。


ナイトセッション&追記で今後のこと」への2件のフィードバック

  1. 荒木真浩

    藤田 規子 様

    こんにちは、荒木真浩です。

    ボディートークのマトリックスについて、まだ僕は学んでいませんが、
    「どうも一人だけでは、能動的かつ効果的に、動けない」という感覚があります。

    「自分のことくらいしっかりやれ!」
    というのとは、次元というか、意識のレベルが違う話であって、

    高品質の意識、エネルギーが循環している場では、
    流れが物凄い早くなるはずで、その苦しさの流れの中じゃないと、
    つまらな過ぎて、やってられない。

    苦しみを、面白がれるポテンシャルを持つ者が、
    集まるべくして集まるわけで、それって良い感じですね。

    ※振り返ると、なんだこのまとめ方は?と思いましたが。笑
    ※バレンタインチョコが落ちてくるのを、夢みて仕事してきます。

  2. holistic-web 投稿作成者

    荒木くん、こんばんは。
    チョコいっぱい落ちてきましたか?

    ボディートークは、ヘタすると奇術か霊能の扱いで、それでオッケーな人もいるかもしれないけれど、これだけクリアな意識感覚を保てるのに、そこまでいかずにお化けの世界で満足するのは、もったいないよね、と思ってます。

    わたしが思うボディートーカーにとっての具体的な苦しさを、別記事に書いてみました。

    流れがものすごく早い意識をつかまえられるかどうかは、ある種のギフトであったり、またはイニシエーションであったりするのでしょう。

    それを肉体化する・地に降ろすのは、苦しみをともなう次元下降の訓練になるわけで、それを面白くしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です