「私を応援してください」のその後


東京はちょうど桜の満開に、暖かな日差しですねー。
わたしはケヤキの新芽やウコンザクラの色が大好きで、天が地上に降りてきたような花の季節を、まだまだ満喫できそうです。

さて「私を応援してください」のブログからこのかた、いろんな方に応援されまくってます。

ありがたすぎる・・・(照れ照れ)

応援したくないもん!とライバル視してくださるセラピスト仲間もいて、もっとありがたいこと。ふふふ。大好き。


「しまうまのワークショップ」にご参加くださった方からも、コメントもいただいてますので、読んでくださいませ。

わたしを応援してください





「とりあえずなんか藤田さん好き」といって、ボディートークをお知り合いにすすめてくださった方も。
それって、ホメ言葉としてめちゃよくない?

「生ビールにする?あと、とりあえずなんかサラダ好きだし」的な!

すごいのはボディートークでも藤田でもなく、クライアントさんとわたしを出会わせ、静かな変容をもたらしてくれる叡智。

セッションでは自意識を満足させず、ただバランスをとるだけ。
本人がわからなくても、体が喜んでいることは、ちゃんと表情に出るのだ。

バランスがとれるとどうなるか。

うまくいかない方向に傾いてたとしたら、ボールはゆっくりと方向を変えて、新しい方向に進みだす。
しだいに加速度をつけて。

もうまわっているコマなら、軸の確信を強めて、もっとクリアにまわりだす。


4月は、クローズドメンバーでのワークショップをひとつ開催します。

非日常的な身体感覚(変性意識)を持続させるには、ある程度のトレーニングが必要です。

現代のように情報密度が増した3.5次元の言語空間で、変性意識だけを使って瞑想をしたりビジュアライゼーションしたり、呼吸法をやったりするのは、脳の体験としてはおもしろかもしれませんが、「慢心」「神秘バカ」「へたすると帰ってこれない」くらいの危険度はあるとわたしは思っています。

みんな!体を使いましょう!!

もし今、自分の体がうまく動かないと思うなら、体の使い方を覚えていくのは、脳との再連携です。

脳を、ジャンクアプリの広告みたいなつまらないおしゃべり(自己弁護や言い訳や罵りや溜息)からメモリを解放してあげて、体とつながる、ほんとの使い方をさせてあげましょう。


ボディートークは、脳髄液循環を高めて、フリーラジカルの除去とメモリ解放、扁桃体・海馬のハイジャック回路解放を、いともかんたんに行ないます。

簡単すぎて何やってるかわからないので、「とりあえずなんか藤田さん好き」ってなるらしいです。


いいよ!

とりあえずなんか居酒屋メニューで!!


いっぱいパワーをいただいたので、藤田ワークのカリキュラム化、進めてます。

うーん。この仕事おもしろいなー。

「私を応援してください」のその後」への2件のフィードバック

  1. holistic-web 投稿作成者

    とりあえずなんかあきちゃんも好き!
    (愛の黄色プリン仲間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です