ワークショップ2日めの報告


年末年始ワークショップ第2回目(12月30日)は、5名の方にご参加いただきました。
このお家で動くとなると6名までかなー。座学なら10名くらい入るかなー。

我が家でみなさんに一番人気なのは、床暖房です。
ぬくぬくに弱いね、ひとは。

最初は、何気ない自己紹介のなかにある居心地のよさ、わるさ、抽象度、内実、その言葉から受け取るアイデンティティが自他にどのように影響を与えるか、からスタートしました。
夢の実現や、新しい行動は、居心地がよいにしろ悪いにしろ、このアイデンティファイを超えたところにあります。

今回お集まりいただいた皆さんは、行動のパターンそのものを理解していただき、そこにどう変化を起こすかという、えらく高度なことをやることになりました。

スマホをなんとなくみちゃう。
グルテンフリーとかやってても小麦食べちゃう。
子どもにお小言いい始めるとエンドレスになっちゃう。
イライラすると指ポキポキ鳴らしちゃう。
残業してると食べちゃうし、髪むしっちゃう。

これを、いきなりカウンセリングでやったり、「悪いことをどう止めるか」という思考回路でやろうとしたりすると、効果ないなあというのが今のところの実感です。

まずカラダの受容体の感度を高め、意識を巡らせ、空間となじみ、内面の世界を開く。
その上で、一人ひとり、いろんなパターン変化のやり方を実体験してもらいました。

スマホをなんとなくみちゃう、は、こないだメンタルビジョントレーニングの体験会で聞いてきたテクニックで目の筋肉をリリースし、ボディートークアクセスの「切り替え」を施したら、デモのお二人は目がキラキラに大きくなりました。
視野がそれだけ固まっちゃうので、カラダそのものが物理空間に戻りにくくなってしまうのが、スマホの特徴かも。

構造からの機能限定は、そのものを変えたほうが効果的なことがたくさんあります。

大切なのは、いきなり問題行動の改善に取り組まないこと。
そのパターンから得ている報酬、それが報酬になっている価値体系、価値づけのプログラムコードである信念システム、本人がそれをやめたいと思うようになったのはどんなデメリットを感じたからか、やめようと思ってやめられない罪悪感をどこで育てているか。

そういったことを、コンピュータの基盤をなぞるように整理していきます。
回路のどこに変化を加えるのか。それを、動き、音、色を使ってやっていきます。

動きにストレスのかかる意図を与えた時と与えない時、誰の目にも如実に変化が見えます。
そしてストレスがかかる意図でも動きが滑らかになるのに、そんなに時間はかかりません。

今回は、動きと色の反応がめちゃめちゃ感度よかったです。

わたしはふだん意識だけでパターン介入しますが、動き、音、色をイメージングに使ってもらうことで、ご本人が体験できるようになります。
そのためにワークを開催しています。


新年の決意が強ければ強いほど三日坊主なのは、行動決意に使っている回路がミスマッチだからです。
最後に、行動に使える回路を統合し、マトリックスを「着込んで!」、ワークを終えました。

みんなのカラダの解像度が高いと、見える回路、やれるワークがうんと深まる気がしました。
みんな夢を語る目が綺麗な、素敵な人たちだなー。


アファメーションが生きるのは、一番最後なんだなあと思います。
まっさらな紙に、書き初めする感じ。

最初の自己紹介や来年の抱負がすっかり書き換わった人。

自分のなかに闇として抱えている遮断やパターン中断のワナに気付き、自分自身を乗りこなす身体イメージを高めた人。

内と外のアンバランスがとれた人。

自分で稼ぎたい!にパワーを与えた人。

自分で稼がなきゃ!の意固地さに気づいた人。
わたしは、一人ひとりの魂の元型を見つめていきます。みんな大好き。

ボディートークはソフトウェアのアップデート、パラマは基盤のアップデート。
パラマユニットを学んでから、ワークの内容がまったく変わりました。

最後まで楽しくご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

* * *

動き、音、色が身体に深く関わっているのは、オイリュトミーと同じです。

オイリュトミーのワークショップがこのお家でできたらいいなあ。

オイリュトミーは、わたしが仕事でやっている治癒的なスピード感やロジカルな世界とはまた違います。

例えば、今朝起きた一番の空気を美味しいと感じること、木々のきらめきに涙ぐむこと、自分のダークサイドをどこまでも見つめる時間を愛すること、ていねいに暮らすこと。使っている言葉や身体に意識を向けること。
音楽や言葉との向き合い方を、徹底すること。

「セッション」「ワーク」という言葉で振り落とされてしまうような、日常的な、植物の生長衰微のような時間感覚を、オイリュトミーは持っています。

両方やっていてよかったな。

本日予定していたワークは、参加者の予定変更で振替とさせていただきました。
わたし、おかげでたっぷり散歩でき、わたし自身に戻る時間ができました。

ありがとう2018!!♡

新しい年も、よろしくお願いします。
来年からは遠隔地セッションを、内容やクライアントの状態に応じて、ビデオコンサルテーションを導入していきます。
さっそくお2人ご希望者がいらっしゃるので、やってみる!!

あとね、これは秘密なんだけど、エンパスのためのカラダケア、自分でも実践しながらシェアしていこうと思うのよ。

秘密じゃないじゃんね。ふふふ。
ちょっとおもしろそうじゃない?
霊能者とエンパス集まれーって感じ。

エネルギーコントロールと現実認識、カラダの構造と機能、食事。
外部講師も招いたりして、楽しく。

それからシューレで学んだことの振り返りとソロ作品へと取り組み。
これが来年早々の抱負です。

ウェルカム!!2019☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です